コーン先物価格-リアルタイムチャート速報推移

▼コーン先物-CFD:1分足-24H取引-ドル/bu
チャート機能説明:右横の虫眼鏡クリックでチャート幅拡大

▼コーン先物-5分足-セント/bu【期間=24H】finviz.com

▼コーン先物-日分足-セント/bu【期間=1年】finviz.com

コーン・とうもろこし先物について

■取引単位
・1ブッシェル(bu)辺りのセントで取引(↑CFDはドル)。
・1bu=約27.2155kg
・1セント=100ドル
Q.とうもろこし1トン辺りの円価格は?
A.単純計算で、
価格(セント)÷100(ドル換算)×36.74(トン換算)×ドル円為替
となる。ただ東京での価格はC&Fプレミアムなど輸入に関する価格や係数などが掛って来るため実際は5割増し位の価格となる。

■日本は輸入量世界一・年間1600万トン
日本は世界一のトウモロコシ輸入国。
全世界の輸入総量の約20%を占めています。また日本は米国産だけで全体の約85%以上を輸入しています。 「コーン」はそのほとんどが飼料用として使用されていますが、異性化糖やアルコール・コーンスターチ・種子用などへの用途もあります。近年原油価格の高騰を受け、燃料用エタノールの生産量も急増しています。日本国内では約70%が飼料用、残り約30%が食品用、加工用に利用されています。

■とうもろこし生産大国は米・中
コーンの主要生産国としては米国・中国・ブラジル。世界年間生産量は約9〜10億トンで、米国の生産量は3億〜3億6,000万トン程度と世界生産量の35%前後を占め、輸出では世界の50〜70%のシェアを占めている。

■世界のとうもろこし市場はシカゴ
世界を代表する穀物先物市場は、シカゴ商品取引所(CME/CBOT)の先物市場。 世界の「コーン」価格の指標となっています。
日本を代表する「コーン」先物市場としては、東京商品取引所。東京商品取引所に上場されている「コーン」先物の価格は、基本シカゴの穀物価格を反映して動いています。